24歳、ニート日記

過去の自分を振り返る為の記録

生きる

自分は世の中の役に立つ人間になりたい。

自分がいて良かった。

と、周りの人達に言ってもらえるようになりたい。

その為には何が必要か。

勉強して、知識を身につけること。

世の中の役に立つということは、勉強して得た知識をを使って世の中の問題を解決することだと思う。

 

自分で自分の存在価値を見出し、それにすがって生きていく。

自分の存在価値がなくなったら死ぬ。

夢、希望がなくなったら死ぬ。

 

守りに入るのではなく、いつまでも追いかけ続けよう。

どんなに苦しくても、どんなに辛くても決して諦めず、

自分の存在価値を確立させるために努力しよう。

 

もう死にたいなんて思わない。

ゴキブリのようにしぶとく生きる。

自分の全ての生を費やして、自分の使命を全うする。

 

自分自身で生きるんだ。