24歳、ニート日記

過去の自分を振り返る為の記録

2016.1.15(日)

1.教習所

2.魅力的な人

3.ネット

 

1.教習所

 久しぶりに24:00前就寝、6:00起床をした。

 1時間くらいぼーっとして、ご飯を食べて教習所へ行った。

 教習所では残っていた技能2時間を行なった。

 あと2時間しかないのに、今日集中に結構指摘された。

 見極めが終わった後も、これじゃ合格は難しいかもと言われた。

 まぁ、落ちたら落ちたでもう一度受ければよい話なので、そんなことはどうでもいい。

 自分が今日教習を受けて思ったことは、やっぱり自分は打たれ弱いかもしれないということ。

 教習中にいろいろ指摘をもらうのだが、その時に、一応返事がするが、

 ちゃんと意味を理解して聞けてないことが多いかもしれない。

 で、また同じミスを繰り返して、注意される。そうなると多少凹んでたりする。

 と、ここまで書いてみたけど、自分がそういう人間であれば人より失敗して学ぶしかないなって思った。

 今日の先生は優しい人だなと思って多分、教習中にいろいろ指摘されて凹んだ部分もあるかもしれない。

 それが仕事だから指摘してあたりまえで、自分としてもできてない部分を指摘してもらってるのでありがたいのだが。

 教習終わったら、試験頑張ってねと声も掛けてくれたので、優しい人には変わりないんだろう。

 あと、自分はこの教習を通して、心配性な部分があるとわかった。

 確認も何回もしたり、一つの方に注意が向いて他所に注意がいかなかったり、そんなことがあった。

 そんなこんなありながら、この教習は自分を知る上でも勉強になりました。

 

2.魅力的な人

 あと、書いておきたいことが1つ。

 教習所の受付の人で明るく元気に仕事してる人がいて、その人がすごく魅力的だった。

 まさに太陽って感じ。その人以外は普通の人って感じなんだけど、その人だけがすごかった。

 根暗で陰鬱な自分からしてみたら、なんでそんな風に振る舞えるのかがすごく不思議。

 自分も小学生くらいの頃はあんな感じだったのかな。

 今となってはいろいろ経て暗い人間になってしまった気がする。

 それはもう長いこと仕事をしてないからそう思うのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 仕事してる時はずっとしんどかったし、暗かった気がするな。

 高校生の頃からもあんまり感情を出さないようにしてたかも。

 それこそ本音とか腹を割って話すとかもその時から苦手だったな。

 とまぁ、ここまで書いたが、このままずっとこうではないかもしれないし、

 このままかもしれない。自分にできることは変わりたいなら努力することだ。

 

3.ネット

 今日は教習が終わってお昼頃帰宅し、お茶漬け、せんべいを食べた。

 そこから19:30頃までずっとネットをしていた。7時間くらいかな。

 他のことなら7時間もやるなんて難しいのに、ネットだとあっという間。

 それは全部現実逃避だと思ってる。これは高校生くらいから始まったかな。

 やらなきゃいけないこと、優先すべきことがあるのにやらないでネットで時間を潰す。

 なんでなんだろう。

 原因(言い訳?)はいろいろあるかもしれないけど、やれるようにしてかないとだな。。。

 ネットの時間は本当に時間の無駄だと思う。どうしていいやら。。。

 

 ネットをやることの弊害として、

 ・・・